安心して家を購入するために。不動産のリップル

土地や中古住宅は購入者の目線で気になる点をチェックします。ご近所情報や災害への強さ、過去の地歴までご契約前に全てご説明します。

会社ロゴ

電話番号 049-249-8200

営業時間 10:00〜18:00 定休日:水曜日


現在位置: >

不動産購入にコンサルティングを取り入れた新しいサービスです

不動産コンサルティングのリップルでは、住宅購入を予定されている方の不安や不満を解消するためのご提案として、不動産コンサルティングサービスのご利用をお勧めしています。

土地と中古一戸建てのご購入者様限定のサービスとなりますが、ご利用いただいた全てのお客さまから「安心して家を買う事が出来ました。」と評価をいただいている当社自慢のサービスです。

  • 従来の不動産契約は法律で定められた範囲の重要事項を契約当日に説明していました。しかし、当社では生活する上で知りたい情報や必要な知識までプラスして事前にお教えするので、安心して契約にのぞむ事が出来ます。
  • ライフプランニングを無料にて実施しています。お借入当初の返済計画だけでなく、将来の金利上昇リスクや教育資金、老後資金まで視野に入れたアドバイスを行っています。
  • 住宅ローンをより有利な条件で借入が出来るように、1行だけでなく複数の金融機関から相見積もりをとります。少しでも金利が安く条件の良い商品をご提案しています。

家を買う時の不安を解消するために本来であれば中立の第三者に相談したいところです。しかしただでさえ高額な不動産購入に、別途で費用のかかるコンサルティングは避けたいですよね。

そんなご要望に答えるべく、不動産コンサルティングのリップルでは、住宅購入に客観的な資料をベースにしたご報告を行い、初めての住宅購入に安心と満足を得ていただくサービスを実施しています。

オリジナル不動産調査リポート

住宅を購入する時には様々な不安や不満、悩みが出てきます。

「近所にどんな人が住んでいるのかな?」「水害や地盤の強さはどうだろう?」「過去にどんなつかわれ方をしていた土地だったのかな?」「日当りはどうだろう?」「この物件に決めていいのだろうか?」

このようなお悩みは、皆さま必ずお持ちになります。何故なら大きなお買い物ですし、気に入らないからと返品したり、気軽に買い替えたりは出来ないものだからです。

だからこそ、ご購入の直前には色々なことが心配になり、不安や不満が生じてきます。

不動産コンサルティングのリップルでは、そんな不安や不満を解消するために物件のことを徹底的に調査して、ご契約前に必ず「不動産調査リポート」として報告しています。

  • 物件の近隣に長年住んでいる方から直接聞取りをしてご報告します。近隣にどんな人が住んでいるのか、過去に水害などはなかったか、学校までの道のりで危険なところはないか、等々生活する上で重要な情報を得ることが出来ます。
  • 過去の地歴を可能な限りさかのぼって調査します。閉鎖登記簿といって古い記録を調べたり、古地図を閲覧して明治時代や場合によっては江戸時代までの地図をご覧頂くこともできます。
  • 地震大国である日本では、地盤の強さや液状化の問題が気になるところです。周辺の地盤の強度や、液状化の心配がないかをデータでご説明します。
  • ゲリラ豪雨による大雨での冠水も心配なところです。ハザードマップの確認は勿論、市役所で冠水データを確認し、近隣に長年住んでいる方から直接水捌け具合も聞取りますので安心です。
  • 近隣の治安についてもデータでご報告します。路上強盗やひったくり、自動車泥棒など発生場所や時期、項目ごとに地図上に記してご説明します。

上記のような実際に住むにあたり気になる項目は、一般の不動産会社では調査対象外です。

他社にはない、リップル独自の不動産調査リポートは100項目、50ページ以上の報告書です。物件の気になる点を徹底的に調査したうえでご契約の前日までにご報告、ご説明いたします。

ご利用いただいた皆様には、大変ご満足いただいている当社が自信を持ってお勧めする、納得・安心のオリジナルリポートです。

ライフプランニング(資金計画)

「自分たちが無理なく返済出来る金額はいくらなのかな?」という疑問は皆さんお持ちだと思います。

長期に渡る返済が必要になる住宅ローンですが、多くの方は、最初に支払う頭金はこの位用意できて、今の家賃が○○万円だからその位は払うことができる。

その頭金と毎月の支払い可能額から逆算すると、総額でこの位の金額の物件を購入しよう!と考えています。

このような資金計画の方法は必ずしも間違った方法ではありませんが、あくまで購入する時点の収入や家族構成を根拠にしていることがほとんどです。

住宅ローンは長期に渡る返済が必要になってくるので、上記の方法だと将来の変化に対応できない可能性があります。

そこで当社では住宅購入時から40年間の将来に渡って家計を予測する、ライフプランニングをお勧めしています。

  • 人生の3大出費と言われる、住宅資金・教育資金・老後資金をお客さまの家族構成や年齢などから必要額を算出し、生涯賃金から家計がマイナスにならないようアドバイスします。
  • 住宅ローンを借りると、自動的に団体信用生命保険に加入することがほとんどです。いままでの生命保険が掛け過ぎになってしまうケースもあるので生命保険も見直します。
  • 住宅資金に限らない人生のお金を見直すことになるので、今後の問題点がハッキリします。貯金が出来なくて悩んでいる方も問題点が分かってお金が貯まるようになったと言う方もいらっしゃいます。

住宅ローンを支払っている最中は、お子様の教育資金が多くかかる時期です。教育にかかるお金を把握しないまま、家を買ってしまうと、受けさせたかった教育を我慢しなければならないこともあります。

また定年退職したときにいくらの住宅ローンが残っているのかも把握しておく必要があります。何十年も支払っていたのに、多額の支払いが残っているケースも多々あります。

そいうったケースを避けるためにも、大きなお金が動く住宅購入時にライフプランニングを考えることは非常に有効です。

住宅ローン相談

住宅購入者へのアンケートによると半数近くの方が、住宅ローンの比較検討をせずに借入先を決定しているというデータがあります。

また7割近い方が、自ら情報を得てどういった住宅ローンが自分にあっているのかを調べることはなく、購入を手伝ってくれた住宅事業者や知人などに勧められたローンを借りています。

確かに金融機関も色々あり、住宅ローンの商品も様々な内容があるため、比較検討しようにも何が良いのか分かりづらくなっています。

住宅ローン相談では、資金計画のヒアリングから支払い可能額の計算を行いお客さまにあった住宅ローンをお勧めしています。

  • 全期間固定金利と、固定期間選択型、変動金利それぞれのメリット・デメリットをご説明し、35年間のシュミレーションを元に分かりやすい返済計画を立案します。
  • 上記の返済計画とともに、一定のタイミングでの繰り上げ返済による総返済額の違いをご提示します。
  • それぞれのお客さまの家族構成やご年齢、ご希望の返済計画により最適な借入先をご紹介します。

金融機関ごとのメリット・デメリットはキャンペーンや商品改定によっても変わってきます。いつの時期でもこの銀行が良い!ということはありませんので、その時々で最適のご提案をいたします。

お電話でのお問い合わせ 049−249−8200
インターネットからのお問い合わせは こちら から

不動産コンサルティング