何故、仲介手数料が無料になるのか?不動産をお探しならリップルへ

同じ物件なのに仲介手数料が有料の会社と無料の会社があり分かりづらいですが、不動産取引の仕組にその理由があります。

会社ロゴ

電話番号 049-249-8200

営業時間 10:00〜18:00 定休日:水曜日


現在位置: > >

不動産取引と仲介手数料の仕組とは

仲介手数料というと多くの方は、アパートを借りる時や、家を購入する時に不動産業者へ支払うお金のこと。と理解されています。

しかし実は、それ以外にも売買の場合は、家を売る方も仲介手数料を支払っているのです。

つまり、一軒の家の売買契約には「家を買う人」と「家を売る人」の両方が仲介手数料を支払い

一つの取引の中では2つの仲介手数料が発生しているのです。

一般的な仲介の場合は

  • 売却する方の側にいる不動産業者
  • 購入する方の側にいる不動産業者

2社の共同仲介というかたちを取ることが多いです。

仲介の仕組図仲介会社が2社の場合

この場合、例えば3000万円の物件だと

買主さまはA社へ仲介手数料として約100万円支払い

売主さまもB社へ仲介手数料として約100万円支払います。

合わせて約200万円の仲介手数料が発生していますが、それぞれの不動産業者はそれぞれのお客さま片方だけから手数料を頂戴するため片手数料取引、略して「片手」といいます。

一つの物件で双方から仲介手数料がもらえる両手数料取引

ここで気がつかれた方もいるかもしれませんが、不動産会社はA社とB社の2社がないといけないのか?ということです。

結論から言うと、そんなことはなく仲介に入る不動産会社は1社であってもまったく問題がありません。

仲介の不動産会社が1社の場合の取引は下図のようになります。

両手仲介の仕組図仲介会社が1社の場合

このケースだと、先ほどの3000万円の物件の場合、不動産会社1社で、売主さま・買主さまから、それぞれ100万円を頂戴しますので

合計200万円の仲介手数料を受け取ることになります。

この形態の取引を両方のお客さまから仲介手数料をもらうため、両手数料取引、略して「両手」といいます。

リップルでは新築一戸建ての場合、買主さまから仲介手数料をいただきません!

両手取引の場合、不動産会社にしてみれば同じ仕事をするだけですので単純に収入が倍になるということになります。そのため多くの不動産業者は、この両手取引をしたがる傾向にあります。

しかし、当社では売主さまから仲介手数料をもらえる新築一戸建てに限っては買主さまからの仲介手数料を無料にしてしまおう!ということにしています。

リップルの仕組図リップルの場合

何故、一般的な不動産会社は両手取引の場合に、仲介手数料を無料に出来ないのか?ということなんですが

従来の不動産会社は、毎週大量のチラシを入れたりする宣伝広告費や、電話・訪問・販売をする営業人員にかかる人件費、店舗の維持費等、非常に多くのコストがかかります。

つまり販売をするための経費がかかるため、仲介手数料を無料にしてしまうと営業が出来なくなってしまうのです。

勿論、販売に経費を掛けると言う事は、物件を探しているお客さまに情報が届きやすく、コマメに連絡をくれたり、お店も綺麗で安心感もあるためメリットは色々とあります。

しかし、リップルではお客さまのコストを徹底的に削減したサービスを実現することをまず行っています。

  • 広告宣伝をほとんど行わず、インターネットでのお問い合わせとご紹介のお客さまを中心に営業活動を行っています。
  • そのために、広告費はかからず、余分な人件費もほとんどかかっていません。
  • 店舗の自社ビルに事務所をかまえているだけなので、販売経費が必要ありません。
  • 少数精鋭ですのでサービスの質にも自信があります。ご契約後のお客さまこそ大切にしています。
  • ご連絡はメールで行うことがほとんどですので、お客さまのペースで物件探しが行えます。

上記のような理由から、売主さまからの仲介手数料のみで充分営業活動がおこなえるので、買主さまの仲介手数料を無料にすることが出来るのです。

また、どんな物件でも仲介手数料を無料に出来るのか?というご質問をいただきますが

仲介の仕組から土地や中古住宅、中古マンションなどは対象外とさせていただいています。

しかし、売主が建売業者さんの場合は違います。

建売業者さんのほとんどは、土地を仕入れて、建物を造る業務に専念しているため自社で販売をするということがありません。つまり仲介業者に仲介手数料を払って販売を委託するケースがほとんどなんです。

そのため「新築一戸建て」に限定して仲介手数料を無料とさせていただいています。

この機会に仲介手数料が無料になる当社のサービスを是非ご利用下さい。

お電話でのお問い合わせ 049−249−8200
インターネットからのお問い合わせは こちら から